D: 2020年の、つくば市の市政選挙(市長と議員)には、山崎けんすけは、出馬「しません。」

  • 2020.10.17 Saturday
  • 05:14

 

 2020年の、

 10月18日告示、10月25日投票の、

 つくば市の市政選挙(市長と議員)には、

 山崎けんすけは、

 出馬「しません。」

 

 立候補「しません。」

 

 

ーーーーー

 

 以下、参考資料です。

 

 

 日本国憲法

 

 「第二十一条

   集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 

   検閲は、これをしてはならない。

   通信の秘密は、これを侵してはならない。」

 

 「第二十条

   信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

   いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

   何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

   国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」

 

  「第十九条

   思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」

 

 

C: 約3年を経過して。

  • 2019.11.04 Monday
  • 22:53

 

 選挙から約3年が経過しました。

 

 

ーーー

 項目1は、
 議員1人当たりの票数の格差付けや、

 集計記録するが採決には反映しない議員の票区分、

 など、

 細かい政策の提案作りが、更に必要だったと、
 思います。

 

 

ーーー

 項目3は、

 障害実子を望まない片親もしくは両親による、

 離婚の自由や、親権と養育義務の放棄の自由などに、

 とどめる方法もあると、
 思います。

 

 

 項目3の内容は、

 医師・法曹・それらの方々と数等親以内の方々が、関わる方が、

 向いていて、より無難だろう、

 とも、

 思います。

 

 

B: 選挙公報の、私的なファイル共有サイトの、ご紹介。 + この問題での、市役所事務の、見通しについて。

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 12:34

 

 (今後の更新の有無、有る場合の日時は、未定です。)

 

 

 

 選挙公報が、

 つくば市の公式HPから、

 投票日翌日の昼には、削除されていました。

 

 そのため、

 それまでにDLしていた、選挙公報のPDFファイルを、

 Googleの共有フォルダーに、アップロードしました。

 

 私のPCのセキュリティソフト(カスペルスキー)で、安全は確認していますが、

 既に、私用となったファイルの、私用サイトへのアップロードです。

 入手なされる方は、

 ご自身のご判断と責任で、ダウンロードをしていただきますよう、

 よろしくお願い申し上げます。

 

https://drive.google.com/file/d/1PA0b7Xj9DnNcfygTaCUT-GpPZbSRhbGn/view?usp=sharing

 

 

 

 今後、

 つくば市の公式HPに、

 選挙公報が、再掲載されるか否か、

 再掲載があるとしても、いつの日時かは、

 新体制での、市政の責任者たちが、ご判断なさることです。

 

 万一、

 つくば市の公式HPに、再掲載された場合には、

 そちらからの公式ダウンロードを、お勧めします。

 

 一応、

 他市での継続掲載の事例について、(千葉県の市川市・松戸市)、

 市役所の広報課様には、

 11月14日付で、

 私から、お伝えしています。

 

 

 

5、 茨城県立鳥獣センターの傷病鳥獣の、活用。 + 大池公園での、在来種の大型水鳥の、飼育のための、公共整備。

  • 2016.11.10 Thursday
  • 12:08

 

 (項目1〜3は、選挙公報を、ご覧ください。)

 

 

 

 理念・信条


5、
 年間に、茨城県立鳥獣センター(所在は那珂市内)に保護される傷病鳥獣のうち、
 回復して、県がその後は飼育しない個体で、かつ、
 つくば市内で最初に保護された個体は、
 県が野外に再放出しないで、
 市が県から引き取る様、
 市に働きかけたいと、思います。

 

 それらの鳥獣は、
 公園飼育や行動実験など、観光や生涯学習で活用できるのではないか、
 と、思います。

 

 「野の鳥は、檻の中にも。」

 


 一定年数以上、市内で法人納税してきた鳥獣業者には、
 その受注の優先権は、
 一定年数、新規参入よりあっていいかと、
 思います。

 


 また、

 大池公園は、
 目の前に市立体育館の管理所があり、かつ農村地域なので、
 他市の公共動物園から、オオハクチョウやシジュウカラガンの幼鳥を、譲り受けるか購入して、
 水戸市の、千波湖でのコブ白鳥や黒鳥、
 龍ヶ崎市の、牛久沼でのコブ白鳥のように、
 野外飼育することも、検討したほうがいい、
 と、思います。


 購入費や飼育費は、
 反対議員が3割以上いる場合は、
 公共ではなく、民営でいいと、
 思います。

 

 ただ、
 民営でできるまでの、準備段階(おかしな法律が邪魔になっている場合)については、
 公共が、手助けをする必要があります。
 市議会でも、意見書を県や国に出すこと、市の執行部に議決要請することは、可能です。

 

 

4、 市立中学における、部活動と、授業の出欠について。

  • 2016.11.07 Monday
  • 12:17

 

(項目1〜3は、選挙公報を、ご覧ください。)

 

 

 

 理念・信条

 

4、
 市立中学の部活動のために、生徒が授業を欠席することは、
 天覧行事・大臣知事市長の直接決裁の招待を除き、
 不当欠席扱いにすべきだと、
 思います。

 

 部活動での成果は、教員の査定や、生徒の公立進学の資料に、一切反映させてはならない、

 と、思います。
 学校教員への、不当労働の強要と脅迫を、許容しません。

 

 部活動では、教員への労災と共済の保険のみ、公支出を許可していいのでは?、
 と、思います。

 

 「教員が授業をしている時には、生徒は、スポーツ試合や文化行事に、遊びに行かない。」

 

 

1・2・3、 議員の立法議決権について。 動物管理行政について。 次世代の繁殖行政について。

  • 2016.11.06 Sunday
  • 17:00

 

 選挙公報に記載した、

 「理念・信条」の、項目1〜3です。 

 

 

 

 2016年11月4日 山崎けんすけ

 理念・信条

 

 

1、

 市役所課長未満の能力者の議員は、立法議決権を放棄すべきです。
  (公開質問権は、現状で良い。)

 

 

2、

 中道で穏健な動物管理行政を求めます。 (愛護と消耗の共存両立)
 

 犬猫・牛馬熊・高等鳥類(白鳥・鶴・大型猛禽)「以外」の動物への、
 人間による、自由な、消費・消耗・虐待権を求めます。

 兎・鴨類・小動物・豚羊・雁カラスなどに、権利など認めません。

 

 動物愛護狂信者・動物福祉詐欺師による、横暴と抑圧を、許容しません。
 動愛法・鳥獣保護法の欠陥に対し、意見書手段を目指します。
 愛護過激派が支配する現状を、中道に改善します。

 

 

3、

 多様性を理解した、次世代の繁殖行政を求めます。
  (慈愛と冷徹の共存両立)
 

 無条件の基本的人権は、三歳以上や、健常な赤子からで、十分です。
 実親は、三歳までの同性の障害実子の安楽死を選択する権限を、持って当然です。
 天使宗教の強要や、母性のファシズムを、許容しません。